スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    12月県議会 開会

    秋田県議会12月議会が始まりました。
    ※12月4日から一般質問が始まります。会期は12月21日まで。

    本日28日に提案された補正予算案は、一般会計総額で68億3331万円となり、緊急雇用対策として国の予備費などを活用した土地改良や森林整備などの公共事業(前倒し分含む)に52億円あまり、県独自の就職サポート事業に1億2000万円、ほか、スーパー種牛・義平福PRイベントなど、農林水産業の振興事業として3億9000万円あまりを計上しています。

    この提案について佐竹知事は、
    「今回の補正予算案は、国の経済危機対応地域活性化予備費による、公共事業や県単独の離職者対策などの緊急的な経済雇用対策のほか、ふるさと秋田元気創造プランにもとづく事業などについて計上しています。
    消費の下支え対策として、国の予備費を活用した公共事業を追加するほか、住宅の増改築やリフォームのニーズが高いことから、住宅リフォーム推進事業の補助対象戸数を拡大するとともに、債務負担行為の設定により、県単独の道路補修事業等の前倒し発注等を推進してまいります。
    また離職者対策として、人材育成に助成することで正規雇用につなげていきたい」

    と述べ、引き続き経済対策へ注力していくとしました。

    また、会議の冒頭で、国政について、「多くの政治課題が先送りされ憂慮される事態が続いている。選挙後は早急に重要課題の解決を図るべきだ」と述べました。

    知事説明要旨の全文はこちら
    1128.png

    スポンサーサイト
    [ 2012/11/28 ] BY SUPPORTERS | TB(0) | CM(0)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。