スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    平成24年12月25日(月) 定例記者会見

    先日25日、今年最後の定例記者会見が行われました。

    佐竹知事はその中で、今年1年間を表す漢字を「散」とし、「解散、分散の散。8月以降、(メディアに)解散の字が無い時はなかった。政治的にも分散化傾向、拡散した」と述べました。

    また、自己の県政運営については75点とし、マイナス点については、「外的な要因はあったが、経済雇用対策がうまくいかなかった。県民の納得のいくものではなかった。また県庁内での事務ミスもあり、迷惑をかけた」と述べました。

    秋田県内の総括に関しては、前半は、玉川温泉での事故やTDK再編、八幡平クマ牧場の事故について、「今年の前半は問題が多かった」と述べ、後半はプロボクシング・五十嵐俊幸選手(由利本荘市出身)の世界王座奪取、バレーボール全日本女子・江畑幸子選手(秋田市出身)のロンドン五輪銅メダル獲得や、秋田市のエリアなかいち開業などについて述べ、「全国的にも良い話題が多かった」と振り返りました。

    来年4月の知事選への出馬を既に表明していることについて、「マニフェストは来年2月をメドにまとめる」と述べました。

    ・平成24年度秋田県芸術選奨について
    ・一年を振り返って
    ・知事選について
    記者会見動画はこちら
    記者会見録はこちら

    秋田魁新報による動画はこちら↓(共有リンクさせて頂きました)
    スポンサーサイト
    [ 2012/12/26 ] BY SUPPORTERS | TB(0) | CM(0)


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。