スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    平成25年2月4日(月) 定例記者会見

    政策集について、3月7日の秋田県議会終了後、知事選告示までの間、できるだけ早く提示したいと述べました。

    内容については、
    「県民の皆様に、たとえば『産業振興に力をいれます』だけではなく、具体的に、『こういうことを事業化します』や『こういう仕組みを作ります』というのをわかりやすくしないといけない。
    県民の皆様に対し、私がこの4年間どういうことをやってきたか、その先どうしたいのか、わかってもらえるようにまとめていきたい。単なる包括的なものではないものにしなければならない。
    議論が分かれるかもしれないこともあるでしょうが、そういうことも必要だと思っています」

    と述べました。

    また、これまで注力してきた産業振興関連についての今後について、
    「県内の中小企業への政策については、ほとんどが金融政策だった。しかし、秋田には様々な中小企業、地域企業、地場産業などのパターンがありますので、なかなか県政の目が行っていないという反省点もあります。今後はもう一度掘り下げていきたい。
    特に地場産業系の企業が、やり方によっては伸びてきているので、そちらにも力を入れたい。
    商工会議所などにお任せしていればいいということではない」

    と述べました。

    雪対策(豪雪対策)に関しては、
    「単に除排雪だけではなく、過疎地の問題、買い物難民の問題などがある。
    高齢者の安否対策などもありますので、時代の変化を捉えた対策として、25年度の報告を受けてから、それを踏まえて、組織化していきたい。
    また、県だけでできることではないので、市町村や国と連携して行なっていきたい」

    と述べました。

    動画はこちら
    記者会見録はこちら
    ・知事選に向けて
    ・雪対策について

    0204.png

    [ 2013/02/04 ] BY SUPPORTERS | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL
    http://satakenews.blog.fc2.com/tb.php/137-b57f8042




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。