スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    秋田市竿燈まつり「御幣渡しの式」

    本日から秋田市の竿燈まつりが始まります。
    その早朝に千秋公園本丸鎮座、八幡秋田神社拝殿にて行われる「御幣渡しの式」に、秋田市長や国会議員の方とともに、佐竹知事も出席し、今年の竿燈まつりの無事を願い、祝辞を述べました。

    ※八幡秋田神社〜元の秋田国主中祖佐竹義昌朝臣常陸国に居住中、山城国石清水八幡宮を太田城内に勧請し、同宮社殿下の砂石を以て神実とす。

     又、同義人朝臣永享3年相模国鶴ヶ岡八幡宮を勧請し『今現存せる尊影は即ち之なりと伝う』

     又山城国稲荷神社及び常陸国鹿島神社の大神を勧請奉斎したのを慶長7年9月同義宣朝臣秋田遷封の際、当地に移転し、累代秋田城内に三社を建立して奉祀崇敬す。

     明治5年右各社を合祀して八幡神社と称す。

     明治11年秋田城跡より秋田市東根小屋町(現中通2丁目)に移転、之より先11月10月23日旧秋田藩内臣民協同醵金して同境内に秋田神社を創建し、佐竹義宣朝臣を祀る。

     その後、義尭公、義和公を祀る。
    (上記、八幡秋田神社のWebサイトより転記させていただきました)

    kan01.jpg

    kan02.jpg

    kan03.jpg

    kan04.jpg

    [ 2013/08/03 ] BY SUPPORTERS | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL
    http://satakenews.blog.fc2.com/tb.php/159-bc1f0d4d




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。