スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    秋田市 がれき受け入れに向け準備を進める考えを示しました

    秋田県では、東日本大震災による岩手県からのがれき受け入れを進めていますが、各市町村では、大仙市が最初に受け入れ表明をしました。

    続き、秋田市が昨3日、「県の協定に沿った形の受け入れを検討している」と、受け入れに向け準備を進める考えを示しました。
    秋田県と岩手県で今月7日に締結する基本協定の中に、「溶融処理後に生じる物質の放射性物質濃度が国の基準値を超えれば送り返す」という要件が盛り込まれたことを受け、昨3日の市議会建設委員会で説明しました。

    秋田市はこれまで、受け入れ判断の前に、がれきを一般ごみに混入して焼却する溶融炉の燃焼試験や住民説明会を行うとしています。
    [ 2012/02/04 ] BY SUPPORTERS | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL
    http://satakenews.blog.fc2.com/tb.php/42-7339598a




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。