スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

    東日本大震災発生1年に当たってのコメント

    東日本大震災発生1年に当たり、改めて、犠牲となられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に、衷心よりお見舞いを申し上げます。

     大震災から1年が経過したにもかかわらず、被災地の復旧・復興は、思うように進まず、依然として多くの被災者の方々が、全国各地の応急仮設住宅などでの不自由な生活を余儀なくされています。

     原発事故により避難された住民の方々も、いつ帰宅できるのか、未だに見通しが立たない状況に置かれています。

     私たちは、こうした厳しい現実をしっかりと受け止め、被災地のために何ができるのか、今一度、考えてみる必要があるのではないでしょうか。

     震災を風化させず、被災地を一日も早く復興させるためには、日本全体で支援を続けていくとともに、被災自治体や被災者が、自らの思いと責任により意欲的に復興に取り組める条件を作り上げていかなければなりません。

     このため、国は、全ての分野で思いきって現場に権限と財源を集中させる必要があり、また、全国の自治体においては、がれきの広域処理や避難者の受入れ支援など、自治体の枠を超えて為すべきことを為さなければならないと考えます。

     様々な面でつながりの深い被災地の復興がなければ、秋田の活性化もありません。県としては、「自らの問題」として被災地の復旧・復興を全力で支援していくとともに、県民の安全・安心の確保のため、防災対策の充実や放射能対策等にも、しっかりと取り組んでまいります。

    平成24年3月11日 秋田県知事 佐竹敬久
    [ 2012/03/11 ] BY SUPPORTERS | TB(0) | CM(0)

    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック:

    この記事のトラックバック URL
    http://satakenews.blog.fc2.com/tb.php/60-54939036




    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。